IMAnext

THEME #11

LIGHT

受賞作品

2020APR

GRAND PRIXグランプリ

ステートメント

Memory

夢の中にいるみたいだった。

ある青年に連れられて都会から少し離れた自然の中で数日間過ごした。テレビやパソコン、なんでも揃った大きなショッピングセンターがなくたって幸せが沢山転がっていた。

高層ビルに遮られることがない光からはいつもよりパワーを感じる。
水は輝き、木漏れ日は楽しそうに揺れる。一瞬たりとも同じ姿を見せない光を全身で感じ、私はその瞬間を忘れないようにする。

受賞者プロフィール

山口 有恵

1996年東京生まれ。
2020年 グループ展『mau mau』(3331 ARTS CHIYODA)。
武蔵野美術大学油絵学科に在学中。
写真や映像を素材として作品を制作。

審査員 選評

今回はコロナの影響か、どの出品作品も時間をかけて自作に向き合って構成された、素晴らしいものが多かったです。そのために、選ぶのはとても難しかった。
そうした中、山口さんの作品はワンストロークで一気に描いたドローイングのような、伸びやかな身体性が表れていて、良い意味で浮いていました。作者がこの場所でたまたま経験した出来事を、光を介してメディウムのうちにスッととり込まれており、それぞれの画像は互いに響きあい、輝いて見えました。気負いなく書かれたテキストもよかった。

OTHER WINNERS他の受賞者

THEME #11 LIGHT

このサイトでは、閲覧履歴の分析を目的としてCookie(クッキー)を使用しています。弊社が Cookie をどのように使用するか、 詳しくはこちら でご確認ください。

同意する

SNS

PageTop