IMAnext

THEME #21

COVID

受賞作品

2021MAR

SHORT LISTショートリスト

ステートメント

O Culpa

国最大の都市部であるサンパウロ市には200以上もの不法占拠地が存在し、4.5万を超える世帯が身を寄せている。
このプロジェクトは、ボン・ヘチーロ区の陸橋下にある、住処を追われた35家ほどが共に暮らす占拠地を題材とした。
去年の3月17日(市内でパンデミックが始まった頃)、行政による当エリアの取り壊しと住人の強制退去が行われた。テーマとしてCOVIDについて考えるとすれば、この人々がいまどこで、どう過ごしているのか考えることである。

受賞者プロフィール

Rodrigo Koraicho

1985年、サンパウロ・ブラジル生まれ。サンパウロの芸術大学を卒業後、サンパウロ大学美学美術史学の修士課程を修了。自身の(多くが長期的である)プロジェクトは社会の全体像と社会問題を多角的に捉え、視覚的なナラティヴ、著作者性とドキュメンタリー作品の区別化を試みている。

審査員 選評

新型コロナウイルス禍で住居を追われた人々を撮影した素晴らしい多重露光のシリーズです。今回のテーマとの関連性はやや薄くはありますが、この多重露光は実に繊細で美しい。憂愁でありながら、未来を待ち受ける被写体の表情をも完璧に捉えています。

OTHER WINNERS他の受賞者

THEME #21 COVID

このサイトでは、閲覧履歴の分析を目的としてCookie(クッキー)を使用しています。弊社が Cookie をどのように使用するか、 詳しくはこちら でご確認ください。

同意する

SNS

PageTop