IMAnext

THEME #02

STILL
LIFE

受賞作品

2019JUL

GRAND PRIXグランプリ

ステートメント

lines

写真のデジタル処理により視覚における触覚、運動感覚の側面から、実体としては存在しないデジタルの物質性を表現

受賞者プロフィール

武居 功一郎

1974年 生まれ
2018年 個展「Old School Painting」(第一生命ギャラリー/東京)、グループ展「山形ビエンナーレ 2018」(東北芸術工科大学キャンパス/山形)
2012年 VOCA展2012、VOCA奨励賞受賞 (上野の森美術館/東京)

審査員 選評

私は武居功一郎の本を被写体とした静物写真を何度も見ました。これらの写真には、何か視覚的に非常に惹かれるもの、非常に満足感を感じさせるものがあったのです。これらの画像に体現されているモザイク加工された写真の美学は、究極的に言うと私たち全員にとって慣れ親しんだものではありますが、それでいてなお、興味深い一連の可能性や解釈を切り開いているようにも思われるのです。武居の作品の多義的な性格とそのコンセプト上・視覚上の枠組みは、写真の画面及び最終的には被写体の本から何かを読み出すよう、見るものをいびるかのように誘います。つまり実行不可能な課題を提示してくるのです。
今日の技術が進歩した世界において静物写真にどのような可能性があるのかを再想像するにあたり、武居の被写体となった本は、私たちが持つアナログ的空想とデジタル的現実の衝突を完璧に捉えているように思われます。

OTHER WINNERS他の受賞者

THEME #02 STILL LIFE

このサイトでは、閲覧履歴の分析を目的としてCookie(クッキー)を使用しています。弊社が Cookie をどのように使用するか、 詳しくはこちら でご確認ください。

同意する

SNS

PageTop