IMAnext

THEME #27受賞作品2021SEP

OPEN CALL

SHORT LISTショートリスト

ステートメント

The sense of distance

コロナの影響を受けて、私は家の近所でほとんどの時間を過ごした。もともと人の営みに興味があったので、周りの人々を観察し始めた。
このことをきっかけとした本作品は、自宅の近所の人々を被写体にし、コロナ時代における人間と社会が織りなす物語である。コロナは周囲の生活環境を差し置いて見ると、社会に対する影響が大きいと感じるが、自分のまわりに注目し、それて、注目する範囲がどんどん狭めると、コロナがない生活と変わらないようです。コロナの影響を受けているかどうかの境界が面白いと思う。従って、「the sense of distance」は私がコロナと我々の生活との距離感の考えである。

受賞者プロフィール

リュウ カイコウ

1996年中国生まれ
東京在住
2018 写真展 Born of the infinite
2021 写真展 the sense of distance

審査員 選評

審査員:IMA編集部より

コロナという人類共有の問題。日常生活の中に、もはや当たり前となってしまった”異様な”情景を見出すセンスが絶妙。少なからずセットアップで仕掛けられたのであろう5枚の写真は、見る側の感覚を問いかけてくるテストのようだ。シリアスなテーマの中に少し散りばめられたユーモアの感覚がさらに作品を魅力的なものにしている。

OTHER WINNERS他の受賞者

THEME #27 OPEN CALL

このサイトでは、閲覧履歴の分析を目的としてCookie(クッキー)を使用しています。弊社が Cookie をどのように使用するか、 詳しくはこちら でご確認ください。

同意する

SNS

PageTop