IMAnext

THEME #受賞作品2022JAN

Tales

SHORT LISTショートリスト

ステートメント

Tales

私達は自分自身を主人公とした人生を生きているが、その背景にもそれぞれを主人公とした無数の人生が同時進行的、複合的に存在している。今作品において、私は友人・知人にインスタントカメラを渡し、日常をテーマに撮影を依頼した。それによって彼らが普段向き合っている多様な現実がうっすらと浮かび上がってくるのではないかという意図のもと、それをコンタクトシートとして提示することで、一つ一つのカットを灯りとする窓のメタファーとして可視化し、集合体としての日常性を提示しようと試みた。日常への感受性が高まっているこの時代、他者との関係性におけるある種の気づきや、ありそうもなさを再考することが今作品の目的である。

受賞者プロフィール

桃井敦史

1979年大阪府生まれ。現在東京都在住。対象の客観的把握と、個人の記憶が入り混じることによって立ち現れてくる世界の重層性、多様性を視覚化することを目的に作品制作を行っている。

審査員 選評

無数の生、個の存在の可視化を試みたこの作品は新鮮だ。
暗いコマの中に時に飛び出してくる鮮明に映された人々とある日常は、我々が置かれている不安から解放へと導く、暗雲の中の希望と見える。

OTHER WINNERS他の受賞者

THEME # STORY

このサイトでは、閲覧履歴の分析を目的としてCookie(クッキー)を使用しています。弊社が Cookie をどのように使用するか、 詳しくはこちら でご確認ください。

同意する

SNS

PageTop