IMAnext

THEME #16

STREET

応募概要

2020OCT

©︎ Daido Moriyama Photo Foundation
Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

ストリート、それは都市や街において人々が交差し、さまざまな事象が起きてきた場所です。そこから発せられるエネルギーは時に混沌としながらも、私たち人間の欲望を表象するかのように発展を遂げてきました。一方で現在は、都市開発とともにかつてあふれていた雑多な風景は減りつつあり、またGoogleストリートを通して世界のどこからでもインターネットでアクセスできることが当たり前の時代となりました。目まぐるしい変化を続けるストリートとそれを取り巻く環境の過去、現在、未来を見つめながら、ストリートスナップに挑む、あるいはストリート写真の定義を刷新するような意欲作をお待ちしています。
[応募受付期間] 10月15日~12月15日

JUDGE審査員

森山大道 Daido Moriyama
(写真家)

1938年、大阪府に生まれる。デザイナーから出発し、1960年岩宮武二のアシスタントとなり、岩宮の紹介により1961年「VIVO」を目指して上京するが、「VIVO」解散のため細江英公の助手となり、『薔薇刑』(集英社、63年)の制作に携わる。1967年、『カメラ毎日』で連載したシリーズ〈にっぽん劇場〉などが評価され、日本写真批評家協会新人賞を受賞。1968-70写真同人誌『プロヴォーク』第2号より参加し、「アレ・ブレ・ボケ」と呼ばれる従来の写真表現を否定するラディカルな表現の写真を発表、衝撃を与える。1974年ニューヨーク近代美術館、セントルイス美術館、サンフランシスコ近代美術館などアメリカ国内を巡回した「ニュー・ジャパニーズ・フォトグラフィー」展に出品。1999年サンフランシスコ近代美術館において回顧展を開催、ニューヨーク近代美術館などを巡回。そのほか、2003年および2016年カルティエ財団現代美術館での個展のほか、海外での大規模な個展をはじめ、13年にはテート・モダンでウィリアム・クラインとの2人展など、国内外での展覧会多数。2020年には「東京都写真美術館で「森山大道の東京 ongoing」を開催。今年11月からは東松照明との二人展「Moriyama – Tomatsu : Tokyo」がヨーロッパ写真美術館(パリ)にて開催予定。


PRIZE賞について

グランプリ 賞金10万円

副賞 (以下のいずれかの中から作品に適した賞を進呈いたします。)
雑誌『IMA』での作品掲載
IMA ONLINE、IMA公式SNSにて作品紹介
ショートリスト IMA ONLINEやIMA公式SNSにて作品紹介

ENTRY

OTHER ENTRYその他のENTRY

THEME #15

2020SEP

FLOWER

ENTRY 受付中

MORE

THEME #14

2020AUG

Co-exist

審査中

MORE

THEME #13

2020JUL

LANDSCAPE

受賞者決定

MORE

THEME #12

2020JUN

FUTURE

受賞者決定

MORE

THEME #11

2020APR

LIGHT

受賞者決定

MORE

THEME #10

2020MAR

MUSIC

受賞者決定

MORE

THEME #09

2020FEB

ANIMAL

受賞者決定

MORE

THEME #08

2020JAN

LOVE

受賞者決定

MORE

THEME #07

2019DEC

CITY

受賞者決定

MORE

THEME #06

2019NOV

Black&White

受賞者決定

MORE

THEME #05

2019OCT

TRAVEL

受賞者決定

MORE

THEME #04

2019SEP

PORTRAIT

受賞者決定

MORE

THEME #03

2019AUG

NOW

受賞者決定

MORE

THEME #02

2019JUL

STILL LIFE

受賞者決定

MORE

THEME #01

2019JUN

VOICE OF NATURE

受賞者決定

MORE

このサイトでは、閲覧履歴の分析を目的としてCookie(クッキー)を使用しています。弊社が Cookie をどのように使用するか、 詳しくはこちら でご確認ください。

同意する

SNS

PageTop