THEME #01

VOICE
OF
NATURE

受賞作品

2019JUN

GRAND PRIXグランプリ

ステートメント

採集/抽出する

渓流を歩きながら、これらを示す言葉が存在しない状態を想像する。その存在を確かめるように,証明を行うように採集行為を行う。採集物というものはその存在をイメージさせる物体であり、存在の一部である。
採集行為を行い,イメージの抽出をする事によって,イメージの代替を試みる。それによって渓流という存在意味はより強くなっていくのではないだろうか。

受賞者プロフィール

森田晃博

1991年 茨城県生まれ、2012年 東京ビジュアルアーツ写真学科卒業。
個展に2016年「Its」(ニコンサロン,東京,大阪)、グループ展に2017年「RAIEC TOKYO 2017」(3331 ARTS CHIYODA)。

審査員 選評

撮って(採って)、集めて、選ぶという写真のプロセスを、写真の中に実際の植物採集を入れ子状にする形で見せている。写真の物質性に対するアイロニカルな言及のようでもある。私にとってモニターで写真を見ることは簡易的なもので、普段はオリジナルとの質の差を想像で補いつつ見るのですが、今回はオンラインコンテストなのでモニターで見た時の経験の強度で判断しました。moritaさんの作品は展開の面白さに他の写真とは異なる魅力がありました。

SHORT LISTショートリスト

THEME SUMMARYテーマ概要

COPYRIGHT Risaku Suzuki

人間も自然の一部であるように、太古より自然は常に人間に寄り添ってきました。その自然の放つ声とはどのようなものでしょうか? 山、海、森、川、湖、微生物から動植物に至るまで、時に私たちを癒し、時に脅かす自然は私たちに様々なことを伝えてくれます。それぞれに感じる「自然の声」を表現した写真作品を期待しています。
[応募受付期間] 5月31日~7月31日

JUDGE審査員

鈴木理策 Risaku Suzuki
(写真家)

1963年和歌山県新宮市生まれ。2000年に写真集『PILES OF TIME』で第25回木村伊兵衛写真賞受賞。写真集に『Water Mirror』(Case Publishing・日本芸術写真協会)、『SAKURA』『White』『意識の流れ』(全てedition nord)、『Étude』(SUPER LABO)、『海と山のあいだ』(amanasalto)、『Atelier of Cézanne』(Nazraeli Press)、『熊野 雪 桜』(淡交社)など。
http://www.risakusuzuki.com/

OTHER ENTRYその他のENTRY

THEME #06

2019NOV

Black&White

ENTRY 受付中

MORE

THEME #05

2019OCT

TRAVEL

ENTRY 受付中

MORE

THEME #04

2019SEP

PORTRAIT

審査中

MORE

THEME #03

2019AUG

NOW

受賞者決定

MORE

THEME #02

2019JUL

STILL LIFE

受賞者決定

MORE

THEME #01

2019JUN

VOICE OF NATURE

受賞者決定

MORE

SNS

PageTop